転職で内定を辞退する理由

  • 投稿日:
  • by

転職活動をしている場合、たいていの人は複数の企業に応募することになります。転職活動を始めてから、すぐに希望している企業に採用してもらえる保証はありません。

現在の就業先でスキルを身につけていたとしても、ライバルとなる人たちも同じようにスキルを身につけているのです。書類選考で不採用になってしまうケースが多いのが現実です。そして、面接を受けるチャンスを与えてもらえたとしても、mr転職では、面接の競争倍率も非常に高いため、なかなか最終的な採用には至らないものです。

転職活動をしていて困る場面というのは、新卒の就職活動をしている時と、あまり変わりません。すなわち、複数の企業から内定が出た場合です。なかなか内定が出なくて、次々と応募している時期が多いとはいえ、タイミング次第では、何社からも内定が出る場合があるのです。その場合、第一志望の企業以外の内定は、言うまでもなく辞退することになります。

内定辞退というのは、内定を出した企業に迷惑をかけることになるため、きちんと理由を説明する義務があります。新卒の就職活動の場合であれば、理由について厳しく問われない場合が多いものです。しかし、社会人の転職の場合は、しっかりとした理由説明が求められます。転職活動においては、社会人としてのビジネスマナー、常識が問われるので、学生の就職活動とは意味合いが違います。

転職活動で成功する人は、内定辞退の理由説明なども、しっかりとこなすことができます。

転職の主な理由について多いものは?

  • 投稿日:
  • by

仕事を辞める場合の主な理由としては人間関係ややりがいのない仕事内容、賃金面や賞与面での折り合いなども挙げられます。


やはり誰もが自分が働きやすい環境の中で働くということが1番ベストとされており、人間関係で窮屈な思いをしたり精神的に痛め付けられると言うような事は、もちろん仕事場所ではあってはならないことです。
しかしながらやはり人間同士様々な場面でぶつかり合ったり、ののしりあったりすることで仕事に対する向上心が高まっていくことも期待できますが、人は集まると束になり派閥などに属すると言う習性があるためすべてがプラスに働くと言うわけではありません。


例えば身体的な理由により転職を余儀なくされたと言うパターンは別として、自分の考えで転職を決めたと言う場合、果たして新しい職場で働きはじめたことで、どのようなことが起こり得るのでしょうか。


例えば人間関係などが理由で転職をした人が、新しい職場で新しい人間関係の中に身を置くことで、今回は以前のようにならないようにしようと気負うばかりに、変に空回りをしそれが逆に妙な人間関係を作り上げてしまい決して居心地の良い場所と言える事はできないと言う状況にもなりかねません。


またやりがいのない仕事内容に不満があったため転職を考えた人などは、新しい職場に通い始めたとしてもすぐにやりがいのある仕事など与えてもらえるはずもなく、せっかく勇気を出して転職をしてきたと言うのにもかかわらずそのような結果になったことにフラストレーションを覚え、自分の能力のなさに嫌気がさしてしまい新しい仕事のやる気さえも失ってしまいかねません。


仕事はもちろん好きなことをやってお金をもらえればそれ以上の事はありません。しかしそうではないと言う人がほとんどだということを念頭に置いておく必要があります。
転職が悪いことだということではなく、むしろ早い段階で自分の性質を見抜くことができ向き不向きを判断することができたとゆう面からも、自己分析の観点から勇断ではないかと思います。


しかしその決断が必ずしもプラスに働くものではないかもしれないと言う現実を、しっかりと知った上で行動していくことで、この後自分が直面する様々な現実を冷静に受け入れられるようになるのではと考えられます。